OQTO / Bass, Space & Beatz  (CD:STAD-001/DIGITAL)
01. Attack of killer peace (feat.D2)
02. Journey to the shwedagon
03. Breezed
04. Mind shade detection
05. Darkside of sanctual
06. Priest#4
07. Cyborg
08. Vibration
09. Bingo extended
10. Unity of sounds
11. Burning machine
12. Aloma saloma
13. Reflect bass

"Steppin' Ahead" is the first label to specialize in Dubstep from Japan.
While working in unison with the movement in Europe, we placed high value on 'individual artistry',
creative 'sensibilities', and got a unique and original sounds.
This is the 1st release from Steppin' Ahead.


英BBCが誇る看板美形DJ: MARY ANNE HOBBSの番組でも取り上げられた実力派: OQTO(オクト)待望のファーストフルアルバム。
日本初のdubstep専門レーベル、Steppin' Aheadからのリリース第一弾は神奈川のアーティスト、OQTO(オクト)。「宇宙」に多大なる愛情を持つオクトの音は、まさにスペイシーで、有機的なシンセサウンドや暖かみのあるがっちりしたビート音、才能溢れるハーモニックセンス、そして長年クラブシーンで活動してきたオクトらしい、パーティフレイバー溢れる陽気なサウンド等から構成された、派手でいて深みのあるサウンドです。ドラムンベース界のMC、D2をゲストに迎えたダビーな1曲目" attack of killer peace"からスタートし、2曲目のブリブリベース音が冴えまくる" journey to the shwedagon"で早くもオクト節全開、気持ちのよいループに恍惚状態へ。Mary Anne Hobbsのラジオでも紹介された3曲目の"breezed"は渋めのダブ音響もの。メロウであったりコミカルだったり多彩な流れを構成する5曲目から9曲目辺りの流れも、彼の柔軟性ある多彩な才能やプログラミングセンスを感じ取れます。アルバムのハイライトはほぼメドレー形式で連なる10-12曲目の流れ。暗くなりすぎずあくまでアッパーな彼の、陽気でパーティスピリッツ満開のこの3曲は、ライブでも必ずプレイされクラウドを湧かしてきた彼の代表曲群です。暖かみのあるシンセサウンドに彩られた最後の" reflect bass"に至るまで、パーティフレイバーと独自の音構築センスが結びついた、聴き所満点の傑作アルバムとなっており、今後間違いなく日本のダブステップシーンを支えていく一人に名前を連ねるでしょう。

All Beats Produced & Mixed by OQTO
Except 03 Produced by OQTO & Oanon, 06 Produced by OQTO & Downpressor
Edited & Mastered by KK
Artwork by Naoki Shoji
Distributed by Ultra Vybe


(P)+(C) 2008 Steppin' Ahead/Lo-Vibes
Released in Dec 3, 2008


Back to Front
Back to TOP