Chew-Z / Strange Fiction  (CD:STAD-003/DIGITAL)
01. Sleep
02. Vice
03. 2 Spaces
04. Magic Number
05. Taitan
06. Stoop Steppers
07. Tron
08. Taitan Version
09. Sky
10. The Sun Machine is Coming Down
11. Time

"Steppin' Ahead" is the first label to specialize in Dubstep from Japan.
While working in unison with the movement in Europe, we placed high value on 'individual artistry',
creative 'sensibilities', and got a unique and original sounds.
This is the 3rd release from Steppin' Ahead.


エレクトロニカ界隈でマニアックで高い評価を得てきたクリエイターBIKE BOYが名前をChew-Zに改め、いかれたダブステップビーツ路線で挑んだ一枚。
Steppin' Aheadからの第三弾リリースは、Chew-Z(チュウズィー)。過去にMagic BookやClayといったエレクトロニカ系アンダーグラウンドレーベルからBike Boy名義で作品を発表してきた。もともとキングクリムゾンやソフトマシーン、サイケやフリージャズなどのダークサイドミュージックを聴き狂ってきた男であり、彼が作り出すダブステップもかなり個性的で変態的。パーティミュージック的快楽を十分内包しつつ、SF小説好きでもあるChew-Zのオタク感あふれるその不思議な音空間は、『静かに狂った感性が炸裂しまくる』といったような独特の音であり,まさに知る人ぞ知る存在であった天才の全貌がようやく日の目を見る,という感じ。いきなりスペーシーな世界に持っていかれるシャープな切れ味の01、クレイジーな幾何学的ループにどっぷりはまる02、07、密室的空間処理が面白い03、11、ダークでドープな未知の音宇宙に連れて行かれる05、08、Hip-HopアーティストKKも参加した06、09の音のぶっとさ、そしてアルバムのハイライトとも言える、天国で微笑んでいるマイルスやサン・ラに届けとばかりに不穏なオルガン音がひたすら上昇していく10に至るまで、ありがちな文句ながら「捨て曲一切なし」の厳選仕切った充実の一枚となっており、日本のダブステップの独自な進化が垣間見えるアルバム。

All Beats Produced & Mixed by Chew-Z a.k.a.Bikeboy
Except 06 & 09 Produced by Chew-Z & KK
Edited & Mastered by KK
Artwork by Naoki SHoji
Distributed by Ultra Vybe


(P)+(C) 2009 Steppin' Ahead/Lo-Vibes
Released in Feb 4, 2009


Back to Front
Back to TOP